KKJ-環境共生住宅推進協議会-  

地域からの便り  

 

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22
23
24 25 26 27
28 29 30 31      

最近の記事
2016年冬編第7弾 里山長屋からの ..

2016年冬編第6弾 広島からの便り ..

2016年冬編第5弾 福島からの便り ..

2016年冬編第4弾 北海道からの ..

2016年冬編第3弾 京都からの便り ..

2016年冬編第2弾 富山からの便り ..

2016年冬編第1弾 沖縄からの便 ..

2016年冬編の連載を開始します

2015年夏編第7弾 里山長屋からの ..

過去ログ
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 2月
2015年 1月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 2月
2014年 1月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2011年 7月
2011年 2月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年 9月
2009年 3月
2008年12月
2008年10月
2008年 8月
2008年 5月
2008年 4月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月

 

2016年冬編第7弾 里山長屋からの便りが届きました
藤野の山田さんから、冬の便りが届きました。
里山長屋がたたずむ枯れた風景を望みながら、山田さんが考えたのは「住宅の断熱気密論」について。

「〜(前略)〜住まいはある特定の機能だけを実現する場ではありません。自然と対峙するシェルターであると同時に、時には適切に外界と応答を繰り返しながら維持していく場でもあり、ひとが着る服の延長であったり、健康を育む場であり、風景であり、暮らしの思想を表現する場であり、云々。なにせ一筋縄ではいかないのです。

断熱気密性だけで住まいというものを規定しようとすると、途端に天の邪鬼的にやめてほしい、、、という気持ちがわき上がってきます。断熱材を厚くすればよい、というような単純な技術で住まいを論じることができるのだろうか?という疑問がいつもついてまわります。」

詳しくはこちらをご覧ください。
里山長屋からの便りVol.4〜「あたたかな住まいのなかから考えた」

by kkj管理者 ¦ 11:02, Tuesday, Mar 01, 2016 ¦ 固定リンク


2016年冬編第6弾 広島からの便りが届きました
広島市の向山さんから、冬の便りが届きました。

今回は西中国山地、冬の寒さが厳しく積雪が1m以上にもなる「山頂脊梁部」にご自身が設計した住宅、「湖畔の家」をご紹介いただきました。

「(前略)〜依頼を受けすぐに現地に足を運びましたが、仕事を受けることを躊躇するほどの水をたっぷり含んだ重い2mほどの積雪がありました。周囲の別荘は屋根から地面まで雪で覆われて、凍った雪で窓ガラスが割れている家もありました。」

そんな現状と、現地の方々のヒアリングを経て、向山さんが決めたこととは?
詳しくはこちらをご覧ください。

■広島からの便り Vol.2

by kkj管理者 ¦ 10:14, Wednesday, Feb 24, 2016 ¦ 固定リンク


2016年冬編第5弾 福島からの便りが届きました
福島の斎藤さんから、冬の便りが届きました。

今回は斎藤さんが設計した「かわまた“結の家”」を訪ね、冬の暮らしについて取材していただきました。

雪景色の中の「かわまた“結の家”」はとても美しく、薪ストーブを家の中心に設えた、冬ならではの暮らしぶりも素敵です。

詳しくはこちらをどうぞ。

福島からの便り Vol.2

by kkj管理者 ¦ 12:00, Thursday, Feb 11, 2016 ¦ 固定リンク


2016年冬編第4弾 北海道からの便りが届きました
北海道の櫻井さんから、冬の便りが届きました。
今回は趣向を変えて、櫻井さんが数年前から実行委員として関わっていらっしゃる「JIA・テスクチャレンジ設計コンペ」について、ご紹介ただいています。

このコンペは、「日本建築家協会(JIA)北海道支部と、北海道の厳しい自然のもとで育まれた環境技術と共に全国的に独創的な外断熱工法を提案されている株式会社テスクさんで、毎年共同で主催している環境型設計競技(コンペ)」で、

「特徴的なのはJIA北海道支部の主催するコンペの中でも、毎年時流の風を捉えた社会性の高いテーマ設定をしているところ。

櫻井さん曰く、『「設計者の環境的感性を育てると共に、その豊かな創造力で次世代における建築の価値を広く問う」ことが目的になっています。』ということで、今回は第6回の選考会の様子などもご紹介いただいています。

詳しくはこちらをどうぞ。

北海道からの便り Vol.6

by kkj管理者 ¦ 09:00, Thursday, Feb 04, 2016 ¦ 固定リンク


2016年冬編第3弾 京都からの便りが届きました
京都の豊田さんから、冬の便りが届きました。
今回は2015年の夏と冬に引き続き、南禅寺の家のその後についてご紹介いただいています。

「南禅寺の家は、家が完成してから4年と3ヶ月ほど経ちました。今年で5回目の冬ですが、これまでにない暖冬な年となりました。」

詳しくはこちらをどうぞ

京都からの便り Vol.4『南禅寺の家 冬の便り』

by kkj管理者 ¦ 12:00, Thursday, Jan 28, 2016 ¦ 固定リンク


2016年冬編第2弾 富山からの便りが届きました
富山の川崎さんから、冬の便りが届きました。

今年は暖冬で,、川崎さんの住む富山でも雪が少ないそうです。
(一昨日あたりから30cmの積雪があり、ようやく冬らしくなったようですが。)

「北陸の地で雪の降らないことは誠にありがたいのですが、
一方、何か不自然な感じで、地球の温暖化を思わずにはいられません。」


そんな富山の冬について、さまざまな角度からのご紹介いただいています。

詳しくはこちらをどうぞ
富山からの便りVol.3

by kkj管理者 ¦ 10:10, Thursday, Jan 21, 2016 ¦ 固定リンク


2016年冬編第1弾 沖縄からの便りが届きました
沖縄の松田さんから、冬の便りが届きました。
今回は「沖縄の冬と暖房」について、ご紹介いただいています。

夏の暑さが厳しい沖縄は、冬でも暖房がいらないくらい暖かいのではないか、という印象がありますが、実はそうでもないようです。

詳しくはこちらをどうぞ

沖縄からの便りVol.6

by kkj管理者 ¦ 15:00, Thursday, Jan 14, 2016 ¦ 固定リンク


2016年冬編の連載を開始します
[ご挨拶]

平素より一般社団法人 環境共生住宅推進協議会のホームページをご利用いただき、ありがとうございます。

『地域からの便り』は2007年から、日本・世界の各地域にお住まいの方から、環境と共生する暮らしの風景をお寄せいただいて参りました。
日本国内における環境と共生する住まい作りについての連載を2015年夏編に引き続き、2016年冬編としてお届けします。

環境と共生する住まいづくりの専門家から、地域ならではの気候風土とそれに合わせて、少ないエネルギーや資源で快適に暮らせる住まいの作り方についてご寄稿いただきます。

地域は沖縄県那覇市、広島県広島市、京都府京都市、富山県富山市、岐阜県中津川市加子母、神奈川県相模原市藤野、福島県福島市、北海道等の計8箇所です。

この連載を通じて、環境と共生する住まいづくりを考えていらっしゃる皆さまや、すでに取り組まれている皆さまの情報交流にもつながって行くことを願っております。

■2015年夏編はこちらをどうぞ

by kkj管理者 ¦ 14:59, Thursday, Jan 14, 2016 ¦ 固定リンク


2015年夏編第7弾 里山長屋からの便りが届きました
神奈川県藤野の山田さんからの便りが届きました。
山田さんは里山長屋をはじめ、環境と共生する住まいを数多く設計されています。
その活動を通して、住まいの温熱環境を科学的に理解することの大切さをひしひしと感じているそうです。

詳しくはこちらをどうぞ。

◆里山長屋からの便りVol.3〜住まいの温熱環境を科学的に理解する時代

by kkj管理者 ¦ 12:00, Tuesday, Sep 15, 2015 ¦ 固定リンク


2015年夏編第6弾 美濃地域からの便りが届きました
美濃地域(岐阜県)の中島さんから、「夏場の既存木造住宅の温度変化」と題した夏の便りが届きました。昨年の「夏場の身の廻りの温度変化」に引き続き2通目の夏の便りです。

中島さんは岐阜県加子母(かしも)地域発信の家づくりに携わると共に同地域を巡るツアー等を通して、国内における森林の現状や地域木材について知って貰う活動も行っています。

2011年に行った身の廻りの様々な温度の実測を通し、日本の既存住宅の8割を占める、築年数が古い(1980年以前の)住宅の温度変化にも興味を持った中島さん。
今回はその当時生活していた木造2階建住宅の実測結果から、岐阜県美濃市で昭和29年に建てられた既存住宅の夏の温度変化をご紹介いただいています。

詳しくは下記をご覧ください。
◇美濃地域からの便りVol.3~夏場の既存木造住宅の温度変化

by kkj管理者 ¦ 10:10, Tuesday, Sep 08, 2015 ¦ 固定リンク


△ページのトップへ
 

最近のコメント

最近のトラックバック

携帯で読む
   URLを携帯に送る


本日   2
昨日   18
累計   99481

ここをクリックしてブラウザのアドレス欄に表示されているのがRSS用のURLです。このURLをRSSリーダーなどに設定してご利用ください。


ログイン
保存

フリーソフトで作るブログ