ENGLISH サイトポリシー サイトマップ お問い合せ  
  
トップ>読む・調べる>住宅部品環境大綱読む・調べる>住宅部品環境大綱>もっと詳しくその1
住宅部品環境大綱

1.住宅部品のライフサイクルを通じた環境への取り組み
住宅部品を企画・開発する際、原材料調達から製造・流通、建築設計、施工、使用・維持、更新、廃棄・再利用に至る住宅部品の全ライフサイクルを視野に入れ、それぞれの段階について環境負荷の低減と環境性能の強化・拡充を図るとともに、関連する政策への対応や自主行動の積極的な展開に努める。
・ライフサイクルの視点
住宅部品の開発、製造、流通、評価等に関わる者(以下「住宅部品生産者等」という。)は、住宅部品に関する環境負荷の低減及び環境性能の強化・拡充に効果的かつ総合的に取り組むためには、自らが直接関わる開発・生産・供給等の段階だけではなく、建築設計、施工、使用・維持、廃棄・再利用に至る全ライフサイクルを視野に入れ、それぞれの段階において環境負荷の低減及び環境性能の強化・拡充を図らねばならない。これを住宅部品のライフサイクルを通じた環境への取り組みという。 また、この取り組みに関連する各種の政策への対応や、それぞれの自主的な行動を積極的に展開する。
・ライフサイクルの各段階における取り組み

住宅部品生産者等は、まず住宅部品の原材料の採取、調達から工場での製品化、梱包に際し、工場生産や計画生産等の合理的な特性を活かして、出来る限り環境負荷の低減に努める。また、住宅部品の開発にあたっては、そのライフサイクルの各段階で環境負荷の低減と環境性能の向上に資するよう設計する。具体的には、各段階で以下のような配慮が求められる。

1)建築設計段階:
住宅設計者が部品の性能を十分に活かした計画ができるようにする。

2)施工段階:
施工者が部品の性能を十分に理解したうえで、確実な施工が行えるようにするとともに、高い施工性を確保する。

3)使用・維持段階:
居住者が部品の性能を十分に理解したうえで、それが十分に発揮できるように、適切に維持管理ができるようにする。

4)更新段階:
居住者及び施工者が、適切かつ簡便に部品の更新ができるようにする。

5)廃棄・再利用段階:
住宅の解体工事の際に、部品が適切かつ簡便に取り外し、分別、分解でき、適切にリサイクルや廃棄ができるようにする。 また住宅部品生産者等は、設計者、施工者、消費者及び関連産業に対してこれらの配慮に関する正確で充分な情報が伝達されるように、わかりやすいカタログやマニュアル等の充実、講習会の開催等により適切な情報発信・伝達に努める。


一つ前に戻る

ページトップへ

次のページへ

サイトマップ問い合わせサイトポリシーENGLISH
copyright 2017 一般社団法人 環境共生住宅推進協議会