ENGLISH サイトポリシー サイトマップ お問い合せ  
  
トップ>読む・調べる>住宅部品環境大綱読む・調べる>住宅部品環境大綱>もっと詳しくその2
住宅部品環境大綱

2.住宅部品の環境に配慮した企画・開発
(環境配慮デザイン)の強化
1)環境負荷低減への取り組み
 住宅部品の全ライフサイクルを通じて資源・エネルギーの投入量を削減するとともに地球環境問題に関与する原因物質の発生抑制、廃棄物の削減、地域環境の汚染防止等に積極的に取り組むことにより、総合的な環境負荷の低減を図る。
・環境に配慮した取り組みの二つの側面
住宅部品生産者等による環境に配慮した住宅部品を供給する取り組みには、大きく分けて「環境配慮デザイン」と「環境マネジメント」の二つの側面がある。 ここで、「環境配慮デザイン」とは、住宅部品を企画・開発する際の、環境負荷の低減及び環境性能の向上に資する取り組みの全体を指す。さらに、「環境配慮デザイン」は「環境負荷の低減」と「環境性能の向上」の二つの側面からなる。 また、「環境マネジメント」とは、環境配慮デザインに関連する様々な政策への対応や、住宅部品生産者等が自主的に取り組む企業・団体行動をいう。
・環境負荷の低減【環境配慮デザインの側面-1】
全ての住宅部品は、製造からリサイクル・廃棄に至るまでの間に、必ず何らかの環境負荷を発生させるが、この環境負荷を低減させる取り組みは「省資源・省エネルギー」と、「住宅部品から発生する環境負荷の低減」の二つに分類できる。 「省資源・省エネルギー」は、ライフサイクルの全過程を通じて限りある資源・エネルギーの投入量を極力削減することであり、その結果として二酸化炭素の排出量削減につながる。この取り組みは、住宅部品生産者等によってこれまでも生産効率の向上やコスト低減の観点から、製造・供給段階において積極的に推進されてきたが、時代の要請に応え、更なる削減に努める。 一方、「住宅部品から発生する環境負荷の低減」は、住宅部品の生産・供給・使用・解体・廃棄の段階で直接的、間接的に発生する環境への負荷を低減する取り組みであり、主に「地球環境の悪化に関与する物質の発生抑制」、「廃棄物の発生抑制」、「地域環境の汚染防止」、「室内環境の汚染防止」の4つに細分化される。このうち、解体時や廃棄時に発生する問題のような、住宅部品供給者等が最近まで直接関与することが少なく取り組みが遅れていた分野では、より積極的な取り組みが求められる。
2)住宅部品の環境性能の強化・拡充への取り組み
住宅部品に求められる、使いやすさ、手触りのよさ、快適な温熱・空気・光環境、周辺環境との調和などといった、住宅内外の生活アメニティの向上に資する機能・性能(環境性能)の強化・拡充に努める。
・環境性能の強化・拡充【環境配慮デザインの側面-2】
住宅部品の環境性能とは、その使いやすさ、手触りのよさ、快適な温熱・空気質・光環境等の住環境の向上、周辺環境との調和などといった性能・機能を指し、いわゆる「生活アメニティ」の向上に資するものをいう。 こうした住宅部品の環境性能は直接居住者の快適性に寄与するため、これまでも積極的に取り組まれてきたが、更なる生活アメニティの強化、拡充に向けて努力する。
(参考)環境配慮デザインの評価について

 住宅の環境配慮デザインにおいては、環境性能の強化・拡充によって、かえって環境負荷が増大するというトレードオフの関係も考えられる。このため、環境配慮デザインの評価に関して、総合的に評価する枠組みが現在検討されている。

 


一つ前に戻る

ページトップへ

次のページへ

サイトマップ問い合わせサイトポリシーENGLISH
copyright 2017 一般社団法人 環境共生住宅推進協議会