ENGLISH サイトポリシー サイトマップ お問い合せ  
 
トップ環境共生住宅とは?「環境共生住宅」の必要性
環境共生住宅とは
「環境共生住宅」の必要性
今、なぜ環境共生住宅が必要とされるのでしょうか?

それは現在起こっている環境問題の多くが、私たちの暮らしと密接に関わっているからに他なりません。
地球温暖化、資源の枯渇、風土の消滅、まちなみ・コミュニティの消失、室内空気汚染など、挙げればキリがないほどです。
環境共生住宅は家だけでなく、その敷地、周囲、まち、国、地球というレベル・質の違う環境問題を、暮らしと住まいからのアプローチによって解決しようと考えられたものです。
地球環境問題の解決に寄与する

・地球温暖化の防止(住まい・まちづくりライフサイクルにおける省エネルギー性を高め、自然・未利用エネルギーの利用を図る)
・資源枯渇の防止(住まい・まちづくりのライフサイクルにおける資源の有効活用を促進、長期耐用・メンテナンスも含めた物作り)

→『地球環境にやさしい家づくり』 (ロー・インパクト)

地域環境問題の解決に寄与する

・風土の継承(敷地、周辺環境の気候風土、生態、人文環境を理解し、その地域に親和した住環境の形成に努める)
・周辺との親和(敷地・周辺環境の諸条件に応じ、住宅内部だけでなく、庭、まちなみへの連関性に配慮する)

→『まわりの環境と親しむ住まい方』(ハイ・コンタクト)

居住環境問題の解決に寄与する
・健康・快適性を重視(ストレスや犯罪率の増大、化学物質使用頻度の増加等の社会的背景から「安全・安心」を考える)
・ より質の高い住宅の供給(高齢化や余暇時間の増大等の社会的背景から自然・周辺環境との調和や景観に配慮する)

→『健康で快適な住まい』(ヘルス&アメニティ)

 

 



 

次のページへ

サイトマップ問い合わせサイトポリシーENGLISH
copyright 2017 一般社団法人 環境共生住宅推進協議会