ENGLISH サイトポリシー サイトマップ お問い合せ  

トップ>見る・触れる>見学会報告レポート・東京電力技術開発センター
見学会報告レポート
平成11年度第1回 報告レポート(午前の部)
東京電力技術開発センター
99年7月30日(金) 10:00~12:00


スケジュール
9:50
 東京電力技術開発センター
会議室集合 参加者約40名 
10:00~10:30 概要説明
(株)ミサワホーム 福住氏より開催のあいさつ
東京電力(株)電力研究所建築グループ 主管研究員 坪田氏より施設概要の説明
その後、約20分程度のビデオで、より詳しい説明を受ける
10:30~12:00 施設見学
約20名の2班に分かれて施設内を見学する。


Concept! 「3つのC」

Create:創造的研究環境の形成
Conserve:省エネルギー・省資源・リサイクルの追求
Co-operate:先進技術の活用・PR


 東京電力技術センターの建物・設備は「3つのC」を基に立案されています。これらの目標を達成するために必要な機能をキーワードにより分類し、そのシステム評価を行っています。この中で最も重要かつ緊急な課題である省エネルギー・省資源・リサイクルを達成するため①建物の負荷を減らす(建築計画上の省エネルギー)②自然エネルギーを活用する③高効率の機器を仕様する④接続的で適切な維持・管理を行うことを追求した計画となっています。(東京電力(株)パンフレットより)

 

[屋上]  まずは会議棟を抜けて、第1研究棟に。エレベーターと階段を使って屋上に上がる。屋上には太陽光発電パネルが設置され、施設内の電力を補っている。ホバリングスペースは緊急時を想定して設置されている。着陸させる程の構造体の強度がないため、ホバリングしたヘリから乗降する。

[資材センター]
資材センターの屋根部分には多種多様の太陽光パネルが設置され、設置角度などの研究に使われている。

研究員執務室
 屋上から降りてきて執務室を通過させてもらう。施設内の照明も中央監視室で自動制御されており、窓際から2列目までの照明器具の明るさはかなりしぼられている。
 パネルが展示されている1室に入る。ここで 「自動制御ブラインド内蔵ベンチレーション窓」の詳しい説明を受ける。参加者からの質疑にていねいに応対してくれる坪田氏。続けて、執務室に使われている 「低温冷風空調システム」の説明が行われた。

電機室・機械室
 エレベーターで地下に降り、「氷蓄熱槽」を見学。この窓の向こうにあるという氷だが、暗くてよく見えない。続いて機械室にある 「燃料電池」を見学。水素と酸素の化学反応により直接発電する装置で、発電した電気が系統に連系されるだけでなく、高温拝熱は冷房へ、低温拝熱は給湯および暖房へと利用される。

エントランスロビー
 エントランスロビーは東西両面がガラス面で日射の影響が強いため、西面には外ブラインドを設置して日射の影響を抑えている。外ブラインドの長さは天井高5mに対して上から4m。強風で日射が強い日にはブラインドを降ろすとうるさい上に危険なので、降ろすことができないことが問題点とのこと。東西両面のガラスにはペアガラスの中空部分に特殊フィルムを貼ることで断熱力を普通ガラスの4倍にした低放射ガラスを採用し、省エネルギーを図っている。
 ガラス面の向こうには水面が広がり、涼やかな空間である。
 
質疑応答
 質議応答の後に解散。

 お忙しい中、当日解説してくださいました東京電力株式会社 技術開発センターのスタッフの皆様に重ねてお礼を申し上げたいと思います。御協力ありがとうございました。
(※詳細説明、図版類は東京電力株式会社 東京電力技術開発センター パンフレットより抜粋しています。無断転用を禁じます)

 


一つ前に戻る

ページトップへ

次のページへ

サイトマップ問い合わせサイトポリシーENGLISH
copyright 2017 一般社団法人 環境共生住宅推進協議会