ENGLISH サイトポリシー サイトマップ お問い合せ  
 
トップ>建てる・リフォームする>環境共生住宅推奨部品データーベース水栓
環境共生住宅推奨部品シート
水栓水栓 水栓
水栓は、台所や洗面所等の水を使用する箇所に必要な設備機器です。節水・節湯型の水栓は水の節約や給湯エネルギーを削減でき省エネルギー・省CO2に貢献することができます。
【目次】
  1. 水栓の使い方・暮らし方の工夫
  2. 水栓を選ぶ視点
  3. 環境共生住宅推奨部品とは
製品リスト
1. 節水型水栓の使い方・暮らし方の工夫
居住者が、日常生活で取り組む上手な使い方、手入れ、使用上の注意点は下記の通りです。
(具体的な手入れや使用上の注意点は、機器メーカーの説明書やホームページ等を参照してください)
■ こまめに止水する
水栓には、節水・節湯を促すための工夫(簡単に水を止めることのできるスイッチや、流量を減らす泡沫タイプ等)が組み込まれています。 通常の水栓と同じように使用した場合でも、節水・節湯型の水栓では水の使用量を減らすことができますが、使用しない時にはこまめに止水することで、さらに水や給湯エネルギーを節約して使うことができます。
水栓 ■ シングルレバー水栓の使い方の工夫
シングルレバー水栓は、レバーの位置によってお湯や水が出て便利ですが、レバーを中間の位置で使うと湯も混合され給湯機器は動きます。 また洗面所の手洗いで、短時間の使用の場合は、給湯機器からお湯が届く前に使用が終わることが多く、この場合残ったお湯は配管内で冷やされ無駄になります。お水だけを使用する場合は、レバーを完全に水の位置まで動かして使用してください。 最近では、よく使われるレバー中央まで水が出るタイプが出てきています。
2. 節水型水栓を選ぶ視点

■ CO2排出削減量・ランニングコスト削減量
水栓のCO2排出削減量とランニングコスト削減量が多い製品を選びます。 この削減量の算定は、戸建住宅における省エネ・防犯情報提供事業研究報告書(平成17年) によります。2ハンドル水栓と比較して削減量を算定しています。 2ハンドル混合栓に比べ、サーモスタット混合栓のほうが温度設定を一定にでき、温度調節のための捨て水が少なくなる傾向があります。また自動水栓はセンサーにより手を感知し給水・止水を行うため、水の出し放しによる無駄が削減できます。
■ 節水・節湯性能
水栓設備を選択する際には、節水・節湯性能の高いものを選んでください。節水・節湯性能は、「住宅事業建築主の判断の基準」における「節湯A」「節湯B」「節湯AB」のいずれかを目安としてください。メーカーのカタログ等にも記載されていることがあります。 詳しくは、(社)日本バルブ工業会 を参照ください。
(下図出典:(社)日本バルブ工業会)

「節湯A」は、止水が容易で不要な出湯を抑制できる機器です。台所では、足元止水スイッチや自動水栓・蛇口先端での止水機構の水栓などです。
「節湯B」は、小流量で快適に使えることで出湯を抑制できる機器です。台所では、シャワー状水栓などが相当します。
「節湯AB」は、双方の機能の基準を満たしているものです。 節湯型機器を採用することで、こまめに止水し小流量で快適に用いることが容易になります。

水栓

水栓

一つ前に戻る

ページトップへ

次のページへ

サイトマップ問い合わせサイトポリシーENGLISH
copyright 2017 一般社団法人 環境共生住宅推進協議会