環境共生住宅とは

環境共生住宅とは

「環境共生住宅」の定義

「地球環境の保全、周辺環境との親和、健康で快適な居住環境」

環境共生住宅とは、
「地球環境を保全する観点から、エネルギー・資源・廃棄物などの面で充分な配慮がなされ、また周辺の自然環境と親密に美しく調和し、住み手が主体的にかかわりながら、健康で快適に生活できるよう工夫された、環境と共生するライフスタイルを実践できる住宅、およびその地域環境」のことを言います。

「地球環境の保全、周辺環境との親和、健康で快適な居住環境」

3つの環境共生理念に基づいて作られる、地球と人に優しい住まい・まち、そして暮らし。
私たち環境共生住宅推進協議会は、そんな理想の住まいの実現と暮らしの普及を目指し、活動しています。

「環境共生住宅」の必要性

今、なぜ環境共生住宅が必要とされるのでしょうか?

それは現在起こっている環境問題の多くが、私たちの暮らしと密接に関わっているからに他なりません。
地球温暖化、資源の枯渇、風土の消滅、まちなみ・コミュニティの消失、室内空気汚染など、挙げればキリがないほどです。
環境共生住宅は家だけでなく、その敷地、周囲、まち、国、地球というレベル・質の違う環境問題を、暮らしと住まいからのアプローチによって解決しようと考えられたものです。

地球環境問題の解決に寄与する

地域環境問題の解決に寄与する

居住環境問題の解決に寄与する

ページTOPへ