ENGLISH サイトポリシー サイトマップ お問い合せ  
 

トップ>協議会(KKJ)の紹介>協議会概要
協議会概要
協議会理念


環境共生住宅推進協議会(以下、「協議会」という)は、太陽や風、水、緑などの自然の恩恵を享受し、それらを効果的・持続的に得られるよう住まいやまちの環境を整えることにより、それがもたらす「快適さ」と「こころの満足感」を大切と考え、『地球環境を保全し、周辺環境と親和しながら、健康で快適に生活できる住まい・まち・暮らし』の普及を図り、環境共生社会の実現を目指します。

活動目的


協議会は、環境と共生する住まい・まち・暮らしの探求と、得られた知見の発信により、環境共生の理念を普及・具現化すること、会員企業における環境共生関連の事業活動に寄与することを活動目的とします。

活動内容

  1. 環境と共生する住まい・まち・暮らしに関する情報を収集し発信します。
    環境と共生する「快適さ」への関心が高まり理解が深まるよう、協議会は環境と共生する住まい・まち・暮らしの取り組みや先導的な事例、調査・研究活動等からの知見・情報を収集し、ホームページ・セミナー等の様々な媒体や機会を通じて広く発信します。

  2. 住まいのつくり手や住まい手による環境と共生する取り組みを支援します。
    環境と共生する取り組みが具体的に実践されるよう、協議会は住まいのつくり手※に向けて、企画・設計・販売などに関する情報提供や助言を行い、住まいとまちづくりにおける取り組みを支援します。また、住まい手に向けては、暮らしの情報提供などにより実践的な取り組みを応援します。


  3. 公的機関・住宅関連団体等と交流・協働します。
    環境と共生する取り組みの具体化・実施が促進されるよう、協議会は関係省庁、地方公共団体、住宅関連団体、教育機関等との積極的な交流・協働を図ります。


  4. 会員間の相互交流・事業連携の機会を提供します。 
    環境共生関連事業における会員の事業機会や業容拡大等の価値創造を目指し、協議会は調査・研究活動に加え、多様な業種から構成される会員間の相互交流と事業連携の機会を提供します。

    ※住まいのつくり手:ハウスメーカー、ゼネコン、デベロッパー、ビルダー、設計事務所、材料や部品供給を含む住まいの供給に携わる企業および団体

組織構成図
会長:竹中 宣雄(ミサワホーム株式会社)

会員は、

1.正会員(すべての活動に主体的に関わります)
2.情報会員(情報サービスを受けられます)

で構成されています。
具体的な活動を行う部会には

推進部会
1.環境共生住宅の普及促進策の検討
2.インセンティブ創出に関する検討
3.環境共生住宅認定基準への提言
4.環境共生住宅における改修(戸建)に関する検討

調査研究部会
1.街づくり提案
2.環境共生住宅に関する調査・検討
3.環境共生住宅部品、システムデーターベースに関する調査・検討

広報部会
1.環境共生住宅関連情報(HP・メールマガジン)の提供
2環境共生住宅に関する各種事業(勉強会・見学会等)の実施
3.環境共生住宅関連資料・機関誌等の出版

の3つがあります。

入会案内はこちら


一つ前に戻る

ページトップへ


サイトマップ問い合わせサイトポリシーENGLISH
copyright 2016 一般社団法人 環境共生住宅推進協議会