鳥たちの世界

1月に入り、寒さも増してきました。これから冬が深まるにつれ、鳥たちにとっても厳しい季節になっていきます。昆虫は滅多に捕れないでしょうし、田んぼに落ちていた稲穂や、木々に実っていた豊かな木の実もほとんど食べ尽くし、山に食べ物が極端に少なくなる季節、それが冬です。そんな季節だからこそ、鳥は人里に下りてきて、人の生活圏の中で自分たちの餌を探すのです。つまり冬「寒さが厳しい季節」は、人が積極的に鳥に関わることができる季節なのです。

どんなことをすれば、鳥たちにもっと近づけるのでしょうか?
まずは鳥たちの生態系の成り立ちから、そのヒントを探していきましょう。


喰うか喰われるか-生態系ピラミッドの成り立ち
「ハイタカ」という、ハトくらいのタカがいます。小柄なため哺乳類よりも小鳥を襲うことが多いのですが、このハイタカが生存し続けるには、1年間に779羽のシジュウカラ(換算値で)の捕食が必要であるといいます。そして1羽のシジュウカラは1年間に12万5000匹のマツシャクトリ(松尺取蛾の幼虫)を必要とします。つまりハイタカが1年間に必要とするシジュウカラ779匹が必要とするマツシャクトリムシは9737万5000匹であり、1億匹弱の毛虫の幼虫を養うために、420ヘクタール(約2Km四方)の広葉樹林の森が必要になります。(日本鳥類保護連盟の計算による)
自然界のバランスは非常に厳しく、779羽のシジュウカラが1匹でも、マツシャクトリムシや緑の一角がほんの少し欠けるだけでも、ハイタカの存命はあやうくなってきます。

ちなみにシジュウカラより小さなコガラ1匹が1年間に食べる虫は、およそ十一万三千匹、エナガは九万六千匹。(鳥が1匹いるだけで、どれだけの数の昆虫が消費されているんでしょう!)
このような食物連鎖をピラミッドの形にして表すと、とても平たい三角形になります。食物連鎖の頂点に位置する肉食動物の生命が、いかに多くの生命に支えられているのかがわかります。


生命の循環-太陽エネルギーの逓減率
空から降り注ぐ太陽エネルギーは地球上の生命を循環させるエネルギーの源であり、上の図のような生態系ピラミッドの根底を支えています。しかし無尽蔵と思われる太陽エネルギーは、自然界の食物連鎖において、約1/10ずつの割合で減っていきます。その低減率を表すと以下のようになります。
□食物連鎖とエネルギー逓減率
太陽からのエネルギーを受けて育ったキャベツをアオムシが食べ、そのアオムシをムクドリが食べ、そのムクドリをアオダイショウが食べ、そのアオダイショウをイヌワシが、と食物連鎖の発端と末端で比較すると太陽エネルギーは1/1,000,000までに減ってしまいます。

私たち人間は、自然に手を入れ、自分たちが外敵や気候に脅かされることのないよう、安心して住める環境を作ってきました。しかし、自然界を循環させているエネルギーの隠遁率は、人のわずかな開発行為の影響を、何倍ものダメージとして受けてしまいます。自然界は一つの生命で成り立っているのではなく、他の生命との関係性の中で成り立っているからに他なりません。

もっと『High Contact』を
環境共生住宅には『High Contact-まわりの環境と親しむ住まい方』という考え方があります。市街地であっても田園地帯であっても、そこには必ず植物や生き物がいて、自然の循環のしくみがあり、人が受け継いできた歴史や文化があります。
そうした周辺環境を切り離し、閉鎖的な人工環境をつくるのではなく、 その土地のもつ特性を理解し、住まいの「内」と「外」をうまく共生させていくことが、本当の意味での「住まい」づくりへとつながります。

今回は、鳥と人がお互いの利害を損なうことなくスマートに共存しあうために、どんな方法があるのか、あなたにもできる「HighContact-まわりの環境と親しむ住まい方」を一緒に探していきましょう。
街にすむ鳥たち
KKJ特集・バックナンバー一覧

緑と共に暮らす

水と共に暮らす

鳥と共に暮らす

涼しく過ごす夏の工夫

環境共生住宅と美しい日本の風景

あたたかく過ごす冬の工夫

環境共生住宅と資源循環