ENGLISH サイトポリシー サイトマップ お問い合せ  
 

トップ>協議会(KKJ)の紹介>会員の『環境への取り組み』 >ミサワホーム
協議会会員の取り組み
[製品/住宅]ミサワホーム 株式会社
LCCO2マイナスモデル
建設・居住・廃棄までのCO2収支をマイナスに

木を植えるように家をつくる
ミサワLCCO2マイナスモデル
目指したのは、大樹のように長い時間かけて、周囲の環境に貢献できる家。
「ライフサイクルCO2マイナスモデル」は地球の一器官になる。


■ライフサイクルCO2マイナス住宅の3つのコンセプト

1.エネルギーを自給する家
太陽の光や熱を活用して生活エネルギーを自給。
家を建てるときに排出したCO2まで、トータルでCO2収支がマイナスになる。

2.自然と一体化する家
これからの地球環境と共生する、新たなライフスタイルを想定。
100年以上にわたり暮らせる可変性と快適性を備えた基本設計に。

3.最適に成長する家
自然の心地よさ、地域の生態系と共生する工夫、「食の循環」を経験できる
仕組みを採り入れて、自然環境とのつながりを深める。


[¥] -
[地域] 全国(沖縄、北海道を除く)
[助成] -

[環境共生手法分類]

[省エネルギー型]
・熱損失の低減/付加断熱システム及び基礎断熱
・日射取得の制御
・太陽エネルギーのパッシブ利用
・太陽エネルギーのアクティブ利用
・未利用ネルギーの積極的活用/太陽光から光だけでなく太陽熱も取り入れる
・高効率設備機器の採用/LED照明
[資源の高度有効利用型]
・変化対応型構工法の採用/木質パネル接着工法
・ロー・エミッション化
・リサイクル建材の積極利用/M-WOOD
・水資源の高度有効利用/雨水貯留システム
[地域適合・環境親和型]
・地域の生態系との高度な親和/ドットデザイン
・地域の緑化への積極的な配慮/ドットデザイン
・地域文化・地域産業の反映
[健康快適・安心安全型]
・適切で十分な通風・換気性能の確保/熱交換型24時間フロアセントラル換気システム
・人の健康、環境に配慮した建材使用の徹底/JIS・JAS規格 F☆☆☆☆(フォースター)相当の建材使用
・高度な遮音・防音性能の実現/付加断熱
・住宅性能保証や維持管理に関するアフターサービスの充実/「30年保証」住宅業界最長レベル
・住宅の性能、構工法、材料、設備機器等に関する情報サービスの提供/木質パネル接着工法



[連絡先]
会社・団体 ミサワホーム 株式会社
部署(担当者) 経営企画部 コーポレートコミュニケーション課
所在地 〒163-0083 東京都新宿区西新宿二丁目4番1号
電話/FAX 03-6316-2701/03-5381-7838
電子メール -
関連サイト http://www.misawa.co.jp/

一つ前に戻る

ページトップへ


サイトマップ問い合わせサイトポリシーENGLISH
copyright 2017 一般社団法人 環境共生住宅推進協議会