ゼロから始める環境共生住宅
『夏を涼しく過ごす工夫』

やってみよう!
日射しを遮って、夏を涼しく!
窓の前の空間に、影をつくろう
  • 窓の前の空間(例えばバルコニーや庭)に日影を作るように、よしずやすだれをかけましょう。
  • 窓を開けて風を取り入れるなら、網戸があると助かります。風上と風下の窓やドアを開けておくと、風が抜けていきやすくなります。
  • 窓を閉めてク-ラ-をつけて過ごす場合も、冷房にかかるエネルギー消費率を下げることにつながります。
葉が大きく、成長の早い植物を選ぼう
  • 葉の大きいゴーヤや、ヘチマなどを使うと、より効果的に日射を遮ります。
  • プランターはカーテンの内側に置き、直射日光が当らないようにしましょう。
  • 広い面のカーテンを作るなら、緑化ネットなどを使って、枝を横方向にも誘引してあげましょう。
  • 準備期間の目安:
    5月上旬に苗を植えておくと、7月下旬の暑い時期には大分繁ってきます。実のなる種類を選ぶと、一夏、実りを楽しむことができます。
    涼しくなったらネットを外し、秋から冬にかけての時期は、部屋に日照を取り入れて過ごしましょう。

もうひと工夫!
部屋の中に涼しい風を取り入れるには
打ち水には雨水を使おう
  • 家に面してアスファルト舗装の道路や駐車場がある場合は、打ち水をして、日中に貯えたえられた熱を冷ましてあげましょう。
  • 日の高いうちに水をまくと、撒いた水も日射で熱せられ、逆に蒸し暑くなります。打ち水は朝晩のちょっと涼しくなった頃に行うと効果的です。
  • 日の高いうちに撒く場合は、日なたよりも日陰に打ち水をすると良いでしょう。

室内外の温度差を利用する
  • 室内温度計を部屋の外側と内側に付けて、室内外の温度差を確認しながら、外の方が涼しければクーラーを切って窓を開け外の風をいれたり、外の方が暑ければ、窓を閉めて扇風機や除湿機をかけるなど、柔軟な暮らし方を楽しみましょう。
  • 夜間の冷たい外気を部屋の中に取り入れて、建物を冷やすことができます。もし夜間換気をする場合は、就寝中も安心して窓が開けておけるような防犯対策も忘れずに。

<こちらもオススメ>今年の夏は、KKJの「夏の5カ条」で、もっと涼しく、もっと省エネに!

KKJの夏の5カ条
KKJ特集・バックナンバー一覧

緑と共に暮らす

水と共に暮らす

鳥と共に暮らす

涼しく過ごす夏の工夫

環境共生住宅と美しい日本の風景

あたたかく過ごす冬の工夫

環境共生住宅と資源循環